今週、ライヴ・アルバム『experienced』が発売になりました。
やっと日の目を見たって感じです。
あえてCDという形態でのリリースにチャレンジしたわけですが、
ミックスやマスタリングの期間を振り返ってみると、、
本当に難しい作業が続いたので、何度もリリース自体を諦めようか?という瞬間がありました。
しかし完成した盤を聴いてもらった人達は一様に感動してくれて、
今は本当に諦めなくて良かったなって思います。
先入観抜きにして、この作品を聴いてると何故か泣けてくるんです。
胸が締め付けられるように熱くなる。
オレ、正直今までのアルバムで一番好きかもしれません。
泣けるライヴ・アルバム。
ライヴ・アルバムって一般にコアなファン・アイテムって認識だと思うんだけど、
この盤にはそれ以上の何かがあると思う。
僕らのファンはもちろん、様々な音楽ファンに聴いてもらいたいなって思いました。

1.jpg

えっと、これは正月、スタジオ作業の合間に川島君のiPadで描いた、ウサギです。

そういえば、この間はUstで細美君と対談でした。
生放送で他のアーティストと対談なんて慣れない事するから、
たった一時間の番組でなのに終わった時にはぐったりでした。
見た人は楽しんでもらえたかな??

2.jpg

話の流れの中で”エルレガーデンが解散” なんてついつい間違った事を言ってしまって(活動休止なのです、これが重要)、細美君ファンを怒らせてしまったかもです。
この場を借りてお詫びします。スミマセンでした!!

ここ最近は去年リリースされたたアルバムの一気買いしてます。
とにかくAmazonでポチる、ポチる、ポチる……更にポチる。.
そんなCDの中で、Sufjan StevensというアーティストのThe Age Of Adzがとても好きです、というお話。
でもこの音楽、あまりにヘンチクリンな楽器編成だったりアレンジだったりで、
人に説明するのが難しいんですけど。
メロディはSigur Rósを連想させる感じかなぁ。説明のしにくさはVampire Weekendに似てるな。
これ好きな人いますか?

3.jpg

To The Lovelessとexperiencedの製作中は、無意識だけど外部からのインプットを遮断してたような感じだったので。
今はご飯まとめ食いしてるような感じ。