今年も残すところ、あと数時間。
今日は川島に代わって僕たちの歴史の一部と決意を書こうと思います。

川島君の脳腫瘍の件、ファンの皆さんに大変な心配させてしまい
本当に申し訳ありませんでした。
川島君と脳腫瘍は既に15年の付き合いで、今回で3回目の手術になります。
右脳という音楽家にとってとてもデリケートな部分にできてしまった癌を、
既に2回に渡って摘出しています。
その度に、リハビリに時間を費やし、長いリハーサルの期間を経て復活してきました。
アルバムの完成が大幅に遅れる事もあったし。

手術を乗り越えると、川島も僕も人間として成長できたし、
また、バンドも生き延びてきました。

今までは、決定しているツアーやライブをキャンセルする事は無かったので正式にアナウンスする事は無かったし、
そういった事で同情を乞うような事になるのもどうか、という事もあり、今までこの事実は語られる事がありませんでした。

12月28日、検査結果で3回目の癌が見つかった時はとてもショックでした。
とても怖かった。足ガクガク。
なんで川島ばかりが、こんな目に何度も遭うのか。何故、このバンドはこんなにも困難が続くのか。
でも次の日には心の整理もついて、来年また再スタートを切る覚悟を決めました。
川島も、オレも強いんです。

3年ぶりのアルバムも、きっちり届けなければいけない。
凄く良いアルバムができたから。

つまり、オレたちこれからも頑張りますって事です。
今までもそうして来たし。

今、お台場のDIVERCITYの楽屋でこれを書いてます。
もうすぐ出番です。

それではみなさん!良いお年を!


1231.jpg

戻って来ます。